「関電ガス」好評です

この4月1日より、都市ガスの自由化がスタートし、当社も「関電ガスサポートショップ」としての活動もさせていただくことになりました。
当社はかねてから、「総合エネルギーの店」を目指してきました。
「総合エネルギー」といっても、別に電気や都市ガスなど、複数のエネルギーを直接販売することではありません。そういうことは電力会社や都市ガス会社などの大企業がされたらいいと考えているからです。
当社のような地域密着企業にとっての「総合エネルギー」の定義があります。
それは「それぞれのご家庭に最適のエネルギーをアドバイスできること」、
そして「どのエネルギーをお使いのご家庭でも、機器メンテなどのサービスをさせていたけること」です。

この度、「関電ガスサポートショップ」に加盟させていただくことにしたのも、そんな思いからでした。関電ガスを契約されたお客様に対しては、各地域のサポートショップがお客様お使いのガス機器の保安点検や故障時の対応をさせていただくことになります。
当社は草津栗東店として、草津市および栗東市のお客様を担当させていただきます。今でも都市ガスのお客様から様々なご用命をいただくことが多いですが、機器の点検も「クサネンが来るのなら安心だ」と思っていただければ何よりですし、そう感じていただける会社をこれからも目指したいと思っています。

まず今は関電ガスのお客様になっていただくかどうかですが、大阪ガスの一般料金やエコジョーズ料金で契約されている方なら、どんなご使用量の方でも100%お安くなります。
関西電力は今年度の獲得目標を20万件としていましたが、3月末の自由化スタート前で、既にその半数の10万件のお客様が切替えを申込みになられたとのことです。これは正直、私が当初予測していた以上のペースでちょっとびっくりです。
電気の自由化の場合は、ご使用量やメニューによってメリットが複雑な場合が多かったのですが、今回はその点シンプルなので、安心していただけるという点も良かったのかもしれません。
ではどれだけお安くなるのか?については、シミュレーションをさせていただいて、その結果をお持ちしますので、それをご覧になってご判断いただくことになります。
e0162114_13581175.jpg

ちなみに上の図は、先日私がお預かりしたお客様の試算結果です。
この方は普段からかなり多くご使用されていた方で、年間では19,663円おトクという結果になりました。ご家庭によって、安くなる率は異なりますが、平均して一か月分ぐらいお安くなるケースが多いようです。
是非、お気軽に試算だけでもお申込みしてみてください。
# by kusanen-daido | 2017-04-11 13:58

都市ガスに関するご相談もお気軽に

いよいよ4月からの都市ガス自由化が目前に迫ってきました。
関西では、従来の大阪ガス独占(大津市などは別ですが)に対して、関西電力が「関電ガス」で参入され、お客様が自由に選択できるようになりました。
当社のメイン事業でもあるLPガスは、従来より自由化されており、料金やサービスが販売店で異なっているために、これまでも切磋琢磨の中で弊社として努力してまりいましたが、ようやく都市ガスの方も、いよいよ選べるようになったわけです。
「自由に」といっても、電力の自由化の時と違って二者択一ですが、それでもお客様の意思で、よりご自宅にあった会社を選択できるようになったのは大きな前進かと思います。

当社はこの度、今回の都市ガス自由化を機に「関電ガスサポートショップ」に加盟させていただくことになり、草津市と栗東市をエリアとして担当させていただくことになりました。

自由化は行政が推進する政策ですが、お客様には何かと不安も多いかと思います。
例えば「関電ガス」を選ばれた場合に、ガス機器の点検や困った時の対応など、いったいどこに連絡して、どんな人が来るのか?などです。そんな時に、地元で長年ガス関係の点検や修理などをさせていただいてきた弊社が力になれればという思いで、加盟させていただいた次第です。

もともと、草津と栗東エリアは当社のLPガスのお客様以外に、リフォームや「駆けつけサービス」など、何かとご用命いただいているお客様が多い当社の超地元エリアです。
地域密着で「ライフラインを中心とした暮らしサポート」をさせていただくことを目指してきた当社として、今回「関電ガスサポートショップ」加盟を機に、より一層地域のお客様の様々なニーズに最適な形でお応えできる会社になっていきたいと考えています。
例えば、LPガスと都市ガスの違い、都市ガス同志ならそのお客様の場合にどちらがお得か、あるいはオール電化や太陽光と組み合わせた場合にどうなるか?
など、これまで以上にエネルギー種にこだわらないお客様にとっての最適提案をさせていただけると確信しています。
どうかよろしくお願いいたします。
e0162114_1102432.jpg
ショールームK-styleは、クサネンのKであると同時に、「快適」「環境」「健康」のKだったわけですが、この度、関電ガスのKも兼ねることになりました。(笑)
LPガス、都市ガスに関わらず、最新ガスコンロもIHクッキングヒーターも気軽に手に触れて試しに来てください。
e0162114_1104159.jpg

なお、大阪ガスご利用中のお客様に、関電ガスに切替えた場合のメリットを無料で試算させていただいております。お気軽にご相談ください。
(切替えのご相談は草津・栗東エリア以外の方も歓迎いたします。)
# by kusanen-daido | 2017-03-26 11:08

焼物の街への工場見学

先週は当社がFC店として加盟している住設メーカーLIXILさんの
常滑市にある榎戸工場の見学に、総勢17名でおじゃましてきました。
常滑は焼物の伝統の街ですが、
世間でよく名を聞く、清水や有田などとの大きな違いは、
どちらかと言えば、近代工業として使われる焼物が主体だということでした。
e0162114_14413616.jpg

今回見学させていただいた榎戸工場は、主にトイレを生産されている工場です。
トイレ(便器)という製品は、人の暮らしの中で、
もっとも人のふれあい、接点の深い製品ではないかと思います。
そのトイレが、この地ならではの焼物の伝統に、
INAXからLIXILへと引き継がれた最新工業技術を融合させて
長年に渡り進化させてこられた様子をしっかり見せていただくことができました。

工場の中は撮影禁止でしたが、工場のラインの中では
高度に機械化された部分とは別に、人の目や手作業による部分がかなり残されていて、だからこそ土と水と火、自然の力から生まれた陶器という素材を活かした
人に優しい製品が造られ、長年にわたって暮らしの中で親しまれながら
常に業界をリードして進化してこれたのだとあらためて実感しました。
e0162114_14422871.jpg

午後からは、近隣にある関連施設、INAXミュージアムを見学しました。
中でも印象的だったのは「世界のタイル博物館」。
タイルはそのものが美術品のような美しさを持っていますが、
ここに展示してある世界のタイルを見せていただきながら、
住宮館長のタイル愛にあふれた情熱的なお話しをじっくり聞かせていただき、
世界各国のタイルにそれぞれ奥深い歴史と伝説が隠されていることを
知ることができ感動しました。
e0162114_14532296.jpg

この手の博物館ではめずらしく写真撮影自由だったので、
私は多くを語りません。写真でご覧ください。
e0162114_7172349.jpg
e0162114_14435433.jpg
e0162114_14443724.jpg
e0162114_14452770.jpg
e0162114_1446353.jpg
e0162114_14465362.jpg
タイルは住まいの床材、内壁や外壁、その他インテリア的なアクセントとして、
機能性だけでなく、住まいに味わいを与えてくれるものです。
当社のスタッフも、これまで以上にお客様にご紹介するのが楽しくなりそうな様子でした。
e0162114_14481775.jpg
e0162114_14542612.jpg
最後に、住宮館長様がおっしゃっていましたが、
タイル・陶器の魅力は、その色と輝き、デザインとその美しさが未来永劫、生き続け残るという事・・まさにその事実をこの目で実感させていだきました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。
# by kusanen-daido | 2017-02-12 14:48 | 雑感

目指すはお客様の暮らしの「かかりつけ」

先日の夜のことでした。
ちょっと固いものをかじった途端、私の歯の一本が突然バキッと折れてしまいました。
何年も前に治療して金属を被せてあった歯で、もともと弱っていたのでしょうが、
それにしてもいきなり根本から無くなってしまったので慌てました。
正面の歯ではなかったので、普通の会話では他人からはわかりませんが、
笑うと歯が無いのが見えるところです。
どっちにしても、そんな状態では食べ物を噛むこともできず、
このまま放っておくわけにはいきません。

翌朝一番に、いつも診てもらっている歯科医院に電話をして、
なんとかその日の予約に入れてもらうことができました。
実はその医院の先生とはもう若い頃からのおつきあいで、
30年以上も前から私の歯の治療をしてもらっています。
だから、いつごろにどの歯をどんな風に治療したかとか、
どの歯の根っこがどうなっているかとか、
最近どこが老化してきたので注意が必要だとか、
そんなことも全部、わかって下さっているので安心なのです。
この日の治療でも、とりあえず迅速に応急処置をしていただき、
食事や歯磨きに差し付けない状態にしていただきました。

実はこの歯科医院、先生のご自宅も同じ建物なのですが、
リフォームや住宅設備の修繕など、当社に何かと任せていただいています。
待合室で待っていた時に、受付に奥様がおられたので、日頃の御礼を申し上げると
当社の担当のO君のことを
「私はOさんが来てくれると、それだけで何かホッとするんですよ」
と、おっしゃってくれました。
奥様がおっしゃるには、築20年近く立つお家なので、
次から次へとあちこち調子が悪くなってきて、不安なところが一杯なのだそうです。
そんな時も、いつもお電話をいただいてO君が駆け付けさせてもらっています。
最近でも水栓の交換や、エアコン、さらに給湯器と
修理や取り替えをさせていただいていました。
設備関係はどうしても老朽化すると、修繕や取り替えが必要になります。
それを行わないと快適な暮らしは維持することができません。
私の歯が、放っておけばどんどん老化していくので
こまめに診てもらって、メンテナンスしないといけないのと同じですね。

奥様が「Oさんが来てくれるだけでホッとするんです」と言われた気持ちは
私が今回の治療で、ホッとした気持ちと一緒なのでしょう。
自分の歯のかかりつけが居てくださって安心できるように
当社はお客様の暮らしの「かかりつけ」にならせていただきたい。
あらためて、そんなことを実感した一日でした。
# by kusanen-daido | 2017-01-28 17:15 | 経営

2017年のスタートです

ご挨拶が遅くなりましたが、新年おめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

今年はどんな年になりそうか?
自分にとって、会社にとって、この2017年をどんな年にしたいのか?
いろいろな思いが頭をめぐりますが、
私が新年から社内で発した言葉は、ちょっと古いですが「リベンジ」です。
もともとは「復讐」とか「仕返し」とかいう意味ですが、
かつて流行した日本語としての使われ方は、主にスポーツの世界での
「雪辱を果たす」あるいは「再挑戦」という意味でした。

この数年、時代の変化の流れの中で、
押され気味だった部門がたくさんあります。
ガスに関しても、リフォームについても、SS運営に関してもです。
昨年おかげさまで50周年を迎えさせていただき、
当社はLIXILリフォームショップをオープンしました。
そして今春には「ガスの自由化」がスタートします。
早くも自由化競争の中での「取り返す」という言葉が飛び交っています。
当社は、この大きな節目の時に、
何かに対してやり返すという考え方を超えて、
新たに未来を見据えたビジョンでの再挑戦の年にしたいと思います。
言い換えれば、これまでの自社に対するリベンジです。

先週5日は、恒例の新年会でした。
e0162114_11521567.jpg

冒頭の社長挨拶では、あらためてPDCAの徹底をお願いしました。
きっかけになったのは、お正月に読んだ「鬼速PDCA」。
最初、本屋さんで平積みされているのを見かけた時は、
「PDCAのことはわかってるよ」という気分で、手にも取りませんでした。
実際、当社の経営計画書にもうたっていることでした。
でも、お正月で暇な時間になるとやはり気になって
Kindleでポチっとやってしまいました。
知っていることと、理解していることの違い、
理解していることと、それを実行していることの違い、
この差がこんなにもあったのかということに気づかされました。
大きな課題を小さな課題に細分化して、一つひとつPDCAを高速で回していく。
それをきっちり実践すれば、組織も人間も、いやがうえにも成長するはずです。
ではなぜ、今までPDCAが回っていなかったのか。
そこにもその理由(社内に潜む課題)があるわけで、
それなら、その課題を解決するためのPDCAを回せばいいわけです。
課題から目を背けない。課題をごまかさない。課題にしっかりと向き合う。
それが当たり前の文化になるような年にしていきたいと思います。
51年目のクサネンではなく、
これからの50年のためのスタートの年にしたいと思っています。

あ、今年も恒例のコアバリュー大賞の表彰を行いました。
「できないと言う前に、どうしたらできるかを考えよう」賞   営業部 田中君
「スピードこそ、最大のサービス」賞   営業部 松井君
「わたしはよりも、われわれは」賞   カスタマーセンター課  高岡さん

どうか本年もよろしくお願いいたします。
e0162114_11524890.jpg

# by kusanen-daido | 2017-01-08 11:53

今年の最後は、縁の下の力持ちで

いよいよ年の瀬も押し迫ってきました。
バタバタしているうちに、紅葉以来、ブログの更新もしていないことに気が付き、
年末のご挨拶を兼ねて、最後(多分)に投稿させていただきます。
当社の今年締めくくりの大きな工事は、E様邸で受注させていただいた床暖房工事。
ご成約が少し遅めだったのですが、
なんとかお正月を快適に迎えていただきたいということで、
本日で完了する年内最終の工事になりました。

本年も何軒かのお客様で床暖房工事をさせていただきましたが、
E様のお宅は床下工法です。
床下からの施工は当社が取り組んでいる床暖房ならでは可能なことですが、
お客様は家具の移動の必要がなく、
従来の生活を続けていただいたまま工事をすることができます。

フローリングも一緒に新しくしたい場合は、
もちろんその張り替えも兼ねた工法がお勧めですが、
E様のお宅は、まだフローリングがきれいな状態でしたので、
床下工法でさせていただくことになりました。
写真のように、工事は床下に潜ってさせていただくので、ちょっと大変ですが、
それでも効率の良い暖房効果が得られます。
e0162114_1525546.jpg

昨日、私も工事中のE様宅にご挨拶に伺いましたが、
奥様が暖かいお正月が迎えられるととても喜んでくださっていました。
またその隣で2人のお子様が、私に向かって「床暖房、楽しみ!」と
ニコニコした笑顔で言ってくれました。
実はもともと、お子様が通っておられる保育園が床暖房で
その快適さを体験されたことが今回受注させていただいたきっかけだったのです。
特に子供さんは、床にころがってオモチャ遊びをしたりするので、
床から温まることの快適性を一番よく感じとっているのでしょうね。
当社としても、E様のご家族が暖かいお正月を過ごしていただけと思うと、
お役に立てることがとてもうれしいです。
e0162114_10273931.jpg

間もなく今年も終わります。
迎える新しい年も、クサネンの仕事は地味ですが、
床暖房のように、ほんのりと足元から暖かさを感じていただける
そんな存在であることをこれからも目指していきたいと思います。

そして、お一人でも多くのお客様のお喜びの声をいただけるように、
全社一同、一生懸命がんばりたいと思います。
一年間、どうもありがとうございました。
# by kusanen-daido | 2016-12-28 15:25 | 環境エネルギー

晩秋の石山寺

お客様に御礼ハガキを書かせていただく時に、地域の名所で季節感のある所の写真を添えさせていただくようにしています。
実は以前は絵手紙を描いていたのですが、結構用意するのに手間がかかるのと、
手間がかかるだけならまだ良いのですが、
自分に絵の才能がないことをあらためて自覚し、
もらっても誰も喜ばないだろうということでやめてしまいました。笑

というわけで今は地域の季節写真です。
写真なら上手い下手関係なく、場所がきれいならカメラがちゃんと撮ってくれます。
見ていただいた方も、「あ、ここは今こうなんだ」と知っていただければ
ちょっとは話題提供のお役に立てるのではないでしょうか。
e0162114_11482855.jpg

といっても50周年の関係などでバタバタしていて、
このところ社内行事以外の写真を撮っておりませんでしたので、
この週末、あわてて紅葉時期の石山寺に行ってきました。
ただ残念なことに、ちょっと時期が遅かったようで
もうかなり散っているか、あるいは色褪せてきておりました。
e0162114_11494337.jpg
e0162114_1150365.jpg
e0162114_1151265.jpg
e0162114_11523298.jpg
e0162114_11532799.jpg
e0162114_11535969.jpg

今年は遅目とは聞いていたのですが、
やはり急に寒波が来ていることで早まったのでしょうね。
まもなく師走も近づいてきました。
さあ、冬の準備です。

皆様、風邪が流行っていますので、お気をつけて。
# by kusanen-daido | 2016-11-27 11:55 | ちょっと息抜き