焼物の街への工場見学

先週は当社がFC店として加盟している住設メーカーLIXILさんの
常滑市にある榎戸工場の見学に、総勢17名でおじゃましてきました。
常滑は焼物の伝統の街ですが、
世間でよく名を聞く、清水や有田などとの大きな違いは、
どちらかと言えば、近代工業として使われる焼物が主体だということでした。
e0162114_14413616.jpg

今回見学させていただいた榎戸工場は、主にトイレを生産されている工場です。
トイレ(便器)という製品は、人の暮らしの中で、
もっとも人のふれあい、接点の深い製品ではないかと思います。
そのトイレが、この地ならではの焼物の伝統に、
INAXからLIXILへと引き継がれた最新工業技術を融合させて
長年に渡り進化させてこられた様子をしっかり見せていただくことができました。

工場の中は撮影禁止でしたが、工場のラインの中では
高度に機械化された部分とは別に、人の目や手作業による部分がかなり残されていて、だからこそ土と水と火、自然の力から生まれた陶器という素材を活かした
人に優しい製品が造られ、長年にわたって暮らしの中で親しまれながら
常に業界をリードして進化してこれたのだとあらためて実感しました。
e0162114_14422871.jpg

午後からは、近隣にある関連施設、INAXミュージアムを見学しました。
中でも印象的だったのは「世界のタイル博物館」。
タイルはそのものが美術品のような美しさを持っていますが、
ここに展示してある世界のタイルを見せていただきながら、
住宮館長のタイル愛にあふれた情熱的なお話しをじっくり聞かせていただき、
世界各国のタイルにそれぞれ奥深い歴史と伝説が隠されていることを
知ることができ感動しました。
e0162114_14532296.jpg

この手の博物館ではめずらしく写真撮影自由だったので、
私は多くを語りません。写真でご覧ください。
e0162114_7172349.jpg
e0162114_14435433.jpg
e0162114_14443724.jpg
e0162114_14452770.jpg
e0162114_1446353.jpg
e0162114_14465362.jpg
タイルは住まいの床材、内壁や外壁、その他インテリア的なアクセントとして、
機能性だけでなく、住まいに味わいを与えてくれるものです。
当社のスタッフも、これまで以上にお客様にご紹介するのが楽しくなりそうな様子でした。
e0162114_14481775.jpg
e0162114_14542612.jpg
最後に、住宮館長様がおっしゃっていましたが、
タイル・陶器の魅力は、その色と輝き、デザインとその美しさが未来永劫、生き続け残るという事・・まさにその事実をこの目で実感させていだきました。
お世話になった皆様、本当にありがとうございました。
by kusanen-daido | 2017-02-12 14:48 | 雑感
<< 都市ガスに関するご相談もお気軽に 目指すはお客様の暮らしの「かか... >>