床暖房の効果を見える化しました

今年は格別に寒い冬になりましたね。
インフルエンザも猛威をふるっているようです。
皆様、十分体の冷えにはお気をつけて下さい。

弊社の社長室兼応接室は床暖房なので有難く快適に仕事をさせていただいています。
最近、おもしろいカメラを導入しました。
サーモグラフィーカメラといって、赤外線センサーにより映る場所の温度分布を
色の変化のイメージで見せてくれるものです。
さっそく応接室をこのカメラで見てみました。
e0162114_1128539.jpg

床暖房で足元からジワッと暖まると、部屋の上の方はそんなに温度を上げなくても
快適に過ごせるので、省エネのためにやや低めの室温にしています。
カメラでもこんな感じで、床に近い部分は27℃台、部屋の上の方は12℃台ですが、
ソファーに座った時の人の頭ぐらいだと19℃になっています。
つまり理想的な頭寒足熱、下半身が暖かくて頭はスッキリ状態で仕事ができるわけです。

この部屋は社屋から突き出ていて、三方が窓になっています。
これでは断熱効果が低く、暖房効果が落ちてしまうので、
最近、窓を二重窓(製品名はLIXILのインプラス)の施工をしました。
e0162114_11284973.jpg

こんな感じで非常にスッキリ収まりました。
外側のアルミ枠が従来の窓、内側の木目調がインプラスです。
窓枠の色もインテリアに合わせて好みの色を選ぶことができます。
この二重窓にすることによって、断熱による省エネ効果だけでなく、
防音効果も非常に高く、外からの車の音も聞こえなくなりました。
また防犯性も従来以上に高くなりました。

さて、メインの断熱効果を例のサーモグラフィーカメラで見てみました。
インプラスの上から窓の温度を見てみると13.4℃でした。
e0162114_11291783.jpg

あえて、インプラスを片面だけ開けてみると、なんと7.1℃まで下がっています。
外は多分2~3℃なので、当然かもしれません。
e0162114_11294627.jpg

続いてインプラスのある方を計ってみると、やはり13℃台でした。
e0162114_1130756.jpg

つまり二重窓にすることによって、6~7℃の温度差をカバーしてくれているわけです。
外窓だけの時は、それほど冷たいもので部屋を冷やしていたわけですから、
二重窓でそれを防ぐことがいかに省エネになるかがわかります。

部屋を快適に暖かく過ごせるようにするのは、二つの方法があると思います。
一つは適度な暖房をすることです。
足元から温め、天井近くの無駄な部分まで不必要に暖めない床暖房が理想です。
もう一つは冷たい外気からいかに断熱するかです。
この二つをうまく組み合わせることで、より少ないエネルギーで快適な冬を過ごすことができます。
暖房や断熱に関しては、是非気軽にご相談ください!
by kusanen-daido | 2018-01-31 11:30 | 環境エネルギー
<< LIXILリフォームショップで... 2018年がスタート >>